税理士法人長沼税務会計事務所 BLOG

2017.04.01更新

今年も無事に確定申告を終えることができました。皆様も無事に終えられましたでしょうか。
さて、表題の「株式等の配当所得等及び譲渡所得等の申告・課税方法」ですが、今回は住民税についての情報となります。
 平成27年分の確定申告では、所得税で選択した申告方法について住民税でもそのまま選択することとなっていました。平成28年度分の申告から、所得税と住民税で異なる申告方法を選択できるようになりました。
一例を示すと、上場株式の配当について所得税の申告で総合課税で申告し、配当控除をして、配当の源泉について還付を受けたとします。この方が住民税の申告については、上場株式の配当について申告不要を選択する事ができるようになっています。

なぜ住民税について申告不要とするのか?ですが、簡単に言うと、配当について住民税の申告で総合課税を選択すると、10%の住民税がかかります。(課税所得330万円以下の場合配当控除を考慮すると7.2%)
 住民税の申告で申告不要を選択すると5%の源泉徴収で済みますので、申告不要とする方が税金の負担が軽減されることになります。
 また、国民健康保険の方ですと、保険料の算定においても、総合課税のままだと配当所得を含んだ保険料となりますが、申告不要を選択すると、配当所得を含まない保険料となるようです。

該当する方は、納税通知書が送達される日(例年ですと普通徴収の場合6月中旬、特別徴収ですと5月中旬)までに各市町村に申告書を提出する事で所得税と異なる課税方法を選択できるようです。

投稿者: 税理士法人長沼税務会計事務所

2016.10.06更新

はやいもので今年も残り3か月となりました。

そろそろ皆様のご自宅に生命保険の控除証明書が届きだしている頃ではないでしょうか。
マイナンバーの収集に漏れが無いかも確認しましょう。
この時期に、社員さんに向けて年末調整に必要な資料を保存しておくように通知しておくと年末調整をスムーズに進める事ができますので、お声がけされてはいかがでしょう。


【年末調整に必要な資料】
• 扶養控除等申告書
• 保険料控除申告書兼配偶者特別控除申告書
• 生命保険料控除証明書
• 地震保険料控除証明書
• 住宅ローン残高証明書(住宅ローン控除を受けるのが2年目以降の方)
• 平成28年分給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書( 〃 )
• 途中入社の方は、前職分の源泉徴収票
• 小規模企業共済等掛け金のハガキ

投稿者: 税理士法人長沼税務会計事務所

2016.08.01更新

雇用促進税制とは、ハローワークに雇用促進計画を提出し、要件を満たしたうえで、ハローワークの確認を得た場合に、雇用者数の増加1人あたり40万円の税額控除が受けれる、というものですが、平成28年4月1日から平成30年3月31日までの期間内に始まる事業年度においては、税額控除を受ける事ができる雇用者数の増加の対象が、「同意雇用開発促進地域」に限定されました。

大阪府でこの地域に該当する市町村はありません。兵庫県内でも加古川市、高砂市、稲美町、播磨町、相生市、赤穂市、宍粟市、たつの市、上郡町、作用市、安富町、明石市、三木市のみとなります。
そのため、適用できる法人が相当数減少する見込みですので、対象地域に支店や工場の出店見込みがなければ、雇用促進計画の提出も不要になる場合が多いのではないでしょうか。
なお、ひとりあたりの給与支給額が増加した場合の所得拡大税制については、今なお残っていますので、適用漏れがないように注意したいところです。

投稿者: 税理士法人長沼税務会計事務所

2016.07.02更新

平成28年度改正では、”企業版ふるさと納税”・”地方創生応援税制”が創設されました。
もともと地方公共団体への寄付金について、法人税法では全額経費に入れる事ができます。
例えば100万円寄付した場合には法人税が30万円安くなり、寄付としての実質負担は70万円という事になります。
今回の企業版ふるさと納税は、全額経費に入れて、さらに法人事業税で寄付金の1割、法人住民税で寄付金の2割を控除してもらう事ができます。
イメージですが、100万円の寄付に対してもともとの30万円とさらに30万円の控除があるので実質負担は40万円となります。
しかしながら、寄付の対象となる地方公共団体には制限があるため、どこの地方公共団体でも受け付ける事ができる。とはなりません。
また、この税制を適用するためには、地方公共団体が国に地域再生計画を提出し、認定を受けてはじめて寄付の受け入れができますので、実際に法人が企業版ふるさと納税を利用して寄付をするのは少し先になりそうです。

投稿者: 税理士法人長沼税務会計事務所

2016.07.01更新

税理士法人 長沼税務会計事務所は、この度Blogを始める事に致しました。
より時事的な内容をお伝えできるよう致しますので、宜しくお願い致します。

投稿者: 税理士法人長沼税務会計事務所

お見積り・お問い合わせ資料請求